「山形人」が観光からグルメスポットまで、公式サイトでは言えない生のやまがた情報をお届けします。

2006年11月05日

台湾温泉事情

台北駅から地下鉄(MRT)に乗り約40分、「淡水」という風光明媚な河口の街に着きます。

都心の郊外の、ちょっとした観光地という感じで、通りにはお土産屋さんや小物ショップがあります。


さて、淡水の帰りに、せっかくですので温泉地の視察をしてきました。
MRTを途中で乗り換えて「新北投」駅で降りると蔵王温泉街のような硫黄のにおいに気がつきます。
立ち寄り湯も何件かあるようですが、今回は混浴の露天風呂へ。(水着で入ります)
残念ながら浴場内の撮影はNGでした。

中は、蔵王の大露天風呂より若干狭い感じの湯船ですが、3段構造で、他に冷水槽もあります。
硫黄の臭いは蔵王温泉ほどではありませんが、源泉部分はかなりの高温。
山形人的には源泉かけ流しなのではないかと思われました。

かつて、日本人が開いた温泉地は、日本的な雰囲気が漂います。
温泉文化を知る台湾の方たちには、是非「温泉天国」山形を訪れて欲しいものです。

≪Naga≫

同じカテゴリー(外国)の記事画像
台北101 ☆高いところから箱庭写真シリーズ
最近の空弁ってこんなだったよ
最近のバンコクの事情(2) 治安情勢
最近のバンコクの事情(1) 経済情勢
シドニーおもしろ写真(箱庭写真)
山形をPRするためにオーストラリアに来ています(2)
同じカテゴリー(外国)の記事
 台北101 ☆高いところから箱庭写真シリーズ (2011-11-30 00:07)
 最近の空弁ってこんなだったよ (2011-10-08 00:07)
 最近のバンコクの事情(2) 治安情勢 (2010-09-28 00:01)
 最近のバンコクの事情(1) 経済情勢 (2010-09-26 00:07)
 シドニーおもしろ写真(箱庭写真) (2010-06-06 00:07)
 山形をPRするためにオーストラリアに来ています(2) (2010-05-24 01:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
台湾温泉事情
    コメント(0)